2014年07月10日

母親代わりのテディベア 【Patricia Kaas】


パトリシア・カースは7人兄弟の末っ子として、1966年ドイツとの国境に近いフランスのロレーヌ地方で生まれた。

父はフランス人の鉱山労働者、そして母はドイツ人の貧しい家庭。

6歳までは、ロレーヌ・フランコニア語というドイツ語訛りの方言しかしゃべれなかった。

学校でフランス語を学んだが、学校はあまり好きではなかった。

父は元ダンサーで母は女優を目指していたこともあり、自分たちの夢は彼女に託された。



8歳のころから歌い始めたが、内気で控えめな少女だった。

当時、彼女にとってのアイドル歌手はクロード・フランソワ

彼が39歳で事故死したときには、ショックのあまり寝込んでしまった。

13歳の時には越境してドイツのキャバレーで歌った。

そして音楽のキャリアを深めるために学校を中退。



クラブで知り合った音楽プロデューサーが彼女を気に入り、母子をパリへ誘いテスト・ビデオを制作。

彼がシンガーソングライターのフランソワ・ベルンハイムを紹介。

彼はとても感動し、俳優のジェラール・ドパルデューを説得。

ジェラールの資金提供で、ジェラールの妻とフランソワが共作、1985年処女作「ジャルーズ」を発表。

次の作品は、シャルル・アズナブールとの共演作。



1987年ポリドールへ移籍し、「マドモワゼル・シャントゥ」をリリースしたところ大ヒット。

母親が我が子に託した夢は叶った。

だが残念なことに母はガンに罹り、病気の回復を願って母親にテディベアを贈った。

その願いもかなわず、1989年母はこの世を去った。

彼女にとって最もかけがえのない大切な人を失って以来、どこへ行くにもテディベアが彼女の御供をする。



1990年12か国に及ぶワールド・ツアーを敢行し、その時初の日本公演も実施している。

そしてこの年CBSソニーに移籍。

アルバム「セーヌ・ドゥ・ヴィ」をリリースしたが、このアルバムに収められた「ケネディ・ローズ」は悲劇のジョン・F・ケネディ大統領の母親ローズ・ケネディに送られた。

今は故人となっておられるが、この頃ローズ・ケネディは車いす生活を余儀なくされていた。

1993年パリのグレヴァン蝋人形館で彼女の蝋人形が追加展示。

最後にエディット・ピアフの「愛の賛歌」をお聴き下さい。




公式サイト
http://www.patriciakaas.net/
posted by swing at 16:59| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

アナと雪の女王/ロシア語バージョン 【Anna Buturlina】


アンナ・ブトゥリナは、ロシアで最も人気あるジャズ歌手の一人。

彼女を紹介する記事は少ないが殆どアンナ・バタリナと表記、しかし読み方を重視するならアンナ・ブトゥリナ。

彼女は1977年にモスクワで生まれた。



祖母の勧めで音楽学校で最初はピアノを学び、音楽の道に進んだ。

そのうち、ジャズの魅力に取りつかれるようになった。



子供のころは、ピアニストや古生物学者になることを夢見ていた。

やがて、ダンサーになりたいと思っていた。

1996年の学校を卒業した年、アンナ・フェスティバル「モスクワの秋」で舞台デビュー。



1997年にコンサートやツアー活動を開始。

コンクールで数々の賞を獲得。

最初のCD「ブラック・コーヒー」を2002年にリリース。



2009年のディズニー映画『プリンセスと魔法のキス』ではヒロインのティアナ役。

2013年アンデルセンの童話『雪の女王』をアニメ化したディズニー映画『アナと雪の女王』が記録的なヒットを続けているが、ロシア語バージョンは彼女が担当してる。




公式サイト
http://www.buturlina.ru/
posted by swing at 17:56| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

尼僧ヘアの歌手 【Sinéad O'Connor】


シネイド・オコナーは4人兄弟の3番目の子として、アイルランドのダブリンで1966年に生まれた。

8歳の時に両親は離婚。

そして母親からしばしば虐待を受けた。

1979年母の元を去り、再婚している父の元で暮らす。



14歳の反抗期の時期、学校へ不登校となり、また万引きにより逮捕。

翌年、結婚式で彼女が歌っているところを見いだされ、音楽活動。



19歳の時、彼女を苛めた母が交通事故で死亡。

ローマ・カトリック教会で、聖職者による大規模な少年・少女への性的虐待問題が発覚。

1992年TV番組「サタデー・ナイト・ライブ」で、教皇ヨハネ・パウロ二世の写真を引き裂き抗議。

髪の毛を剃り、”怒り”を表現した歌を発表。



彼女は4回結婚し、最初の子は20歳のときにもうけ、子供は4人。



彼女は子供のころから、歌手にならなければ司祭を志していた。

1990年代後半に独立カトリック教会の司祭となり、一時引退、その後音楽界へ復帰を果たしている。




公式サイト
http://www.sineadoconnor.com/
posted by swing at 20:06| Comment(0) | ポップロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

アイス・ミュージックのパイオニア 【Terje Isungset】


テリエ・イースングセットは1964年ノルウェーの村で生まれた。

彼は音楽一家に生まれ、高校時代にはアコーディオン奏者の父とダンス音楽を興じた。

1984年よりさまざまなバンドで活動。

自然の中で育った彼は、羊のツノや北極の樺の木、花崗岩、羊の鐘やスレートそして氷など自然の素材を活用して楽器にした。



こうして切り出した氷を楽器に変え、演奏する。



1996年ヴォッサ・ジャズ・フェスティバルで受賞。



2001年に初めて“氷の音楽”がCDとなった。

2007年には日本で初めて「千歳・支笏湖氷濤まつり」で氷の楽器を演奏。




公式サイト
http://isung.no/






posted by swing at 16:41| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

著名な作曲家の姉 【Christiane Legrand】


クリスティアンヌ・ルグランは1930年パリの生まれ。

父は指揮者・作曲家のレーモン・ルグラン。

2歳年下の弟はあの『シェルブールの雨傘』を作ったミシェル・ルグランという音楽一家。

4歳よりピアノを始めた。

歌手としてデビュー後、「ブルー・スターズ」でリード・ソプラノとして活躍、その後スイングル・シンガーズに参加。

このグループはビートルズからクラシック・オペラまで幅広い楽曲をカバー、彼女はリード・ボーカルを務めている。



得意なスキャットを活かして、B.B.の主演映画『殿方ご免遊ばせ』にもバックで歌っている。



弟の作ったミュージカル『シェルブールの雨傘』に出演。

弟との共演作。



アニメ映画『美女と野獣』ではポット夫人役。



大阪万博にも出演、その後度々来日している親日家だったが、2011年死去。










posted by swing at 21:01| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする