2015年05月02日

スタンド・バイ・ミー(私のそばにいて) 【Ben E. King】


ベン・E・キングは1938年ノースカロライナ州の生まれ。

彼が9歳のとき、ニューヨーク州のハーレムに移住した。

当初は教会の聖歌隊で歌っていた。

父の経営するレストランで歌うウエイターとして働いていたところ、スカウトされてファイブ・クラウンズに加入。



ところがファイブ・クラウンズはドリフターズに統合され、彼はリード・シンガーとして活躍し、数々のヒットを生む。

ゴスペル曲「Oh Lord, Stand By Me」を元に、当時ガールフレンドだったベティのことを思いながら書いた。



そして出来上がった曲が「Stand By Me」。

ところがマネージャーが、この曲を評価せずボツにした。

そのため、ソロ・シンガーとして独立。

彼の本名はベンジャミン・アール・ネルソンだったが、アール・ネルソンを名乗る別の歌手がいたため改名する必要があった。

そこで叔父の名前のキングを芸名に加え、ベン・E・キングと名乗った。



彼は1982年初来日以来、「日本は第二の故郷」と語るほどの親日家。

東日本大震災が発生した2011年秋に訪日、復興を願って「上を向いて歩こう」を日本語でカバー。



そしてベティに捧げた「Stand By Me」を1961年に発表。

1964年にベティと結婚、2人の娘と1人の息子をもうけた。

1986年には、スティーブン・キングの短編小説を原作にした映画『スタンド・バイ・ミー』の主題歌としてリバイバルヒット。

2015年4月30日愛する妻を残し、76歳にて永眠。



posted by swing at 21:33| Comment(0) | R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

癒しの音楽 【吉田由利子】


東京都文京区の出身で、武蔵野音楽大学声楽科を卒業。

その後、単身渡欧し3年間イタリアのミラノでソプラノ声楽を学ぶ。



帰国後、オペラのアリア、カンツォーネ、シャンソン等のリサイタルを行ってきた。

ベルギーや中国にも海外遠征。

歌手以外に作詞・作曲家またピアニストでもある。

フラワーアレンジメントも趣味で数々の作品を残されている。




公式サイト
http://ee-wagokoro.com/music-art/music/yoshida-yuriko.html
posted by swing at 21:20| Comment(0) | ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

航空機事故で失われた命 【Maria Radner】


2015年3月24日、ドイツ旅客機ジャーマンウイングス9525便がスペインのバルセロナを26分遅れで離陸し、デュッセルドルフ国際空港に向け飛行中、副操縦士が急降下させ南東部の標高約1500メートルの山岳地帯に墜落。

乗員6名乗客144名の計150名が死亡。

その中にオペラ歌手のマリア・ラドナーも乗り合わせていた。



マリア・ラドナーの父母はオーストリアから移住し、貿易商を始めた。

彼女は3人の子供の一人として、1981年にドイツのデュッセルドルフで生まれた。

両親は特に音楽に関心があったわけではないが、彼女はロベルト・シューマン音楽大学で学び、優秀な成績で卒業。

母は長い闘病生活の末、2003年に病死。

2008年に舞台デビュー。

2012年にはニューヨークのメトロポリタン・オペラでデビュー。

『トロイの人々』ではアンナ役で出演。



2015年3月23日バルセロナ・リセウ大劇場で『ジークフリート』千秋楽を終え、夫のサーシャ・シェンクと2歳の息子フェリックスと共に9525便に搭乗。

同機には共演者のカザフスタン出身のオペラ歌手オレグ・ブリヤクも搭乗していた。

先ほどの動画は舞台録音ではなかったので、如何に壮大なスケールかが伝わらないと思うので同じ歌曲をご紹介しておきます。

将来を嘱望視されていただけにとても残念です。

posted by swing at 20:46| Comment(0) | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

マザーズ・ツー・マザーズ 【Annie Lennox】


アニー・レノックスは1954年クリスマスの日にスコットランドで生まれた。



彼女が17歳の時、両親はフルートを勉強させるためロンドンの王立音楽アカデミーに入れた。

学校ではピアノやチェンバロも学び、もう少しで卒業という時期に学校に馴染めず中退。

ウェイトレスとして働いていたレストランで、客として来ていたギタリストのデイヴ・スチュワートと出会い、意気投合しザ・キャッチを結成。



そして別に妻がいる彼とは恋人同士の関係から、やがて同棲が始まった。

1980年には彼とユーリズミックスというバンドを結成。

やがて不倫関係を解消し、1984年宣教師のラーダ・ラーマンと結婚。

次の曲はスティーヴィー・ワンダーがハーモニカで参加し、大ヒット。



宣教師との結婚生活は一年で破綻し、プロデューサーのユーイ・フラクマンと結婚、2人の娘をもうけた。

1990年ユーリズミックスを解散し、ソロ活動。



再婚相手とも上手くいかず2000年に2度目の離婚を経験し、もう二度と結婚しないと周囲に語っていた。

ミッチ・ベッサーというドクターが、HIV感染予防を目的として非営利団体「マザーズ・ツー・マザーズ」を組織していた。

HIV陽性の母親たちを助けるための慈善事業にアニーも賛同し、積極的に活動を展開。



そして二度と結婚しないと語っていた彼女だったが、「マザーズ・ツー・マザーズ」の創設者ミッチ・ベッサーと2012年に結ばれることとなった。




公式サイト
http://nostalgia.annielennox.com/
posted by swing at 18:13| Comment(0) | ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

暴漢に襲われた名サックス奏者 【King Curtis】


キング・カーティスは1934年テキサス州生まれ。

12歳でサックスを始め、その後ギターを習得した。

高校を卒業後、ライオネル・ハンプトンのバンドに加わり、ニューヨークへ移り住んだ。

1958年には、ザ・コースターズが1位を獲得した次の曲にテナーサックス奏者として参加。



1959年ソロ活動を開始し、次の曲でR&Bチャート1位を記録。



1965年アトランティック・レコードと専属契約。



テナー・サキソフォンの他、アルトやソプラノも演奏し、また歌うこともあった。



ジョン・レノンが『イマジン』のアルバムを制作するにあたって、彼に参加してもらったが彼をイギリスへ呼び寄せられなかった。

そこで彼のレコーディングしたテープを送ってもらった。



1971年8月購入したエアコンを担いで自宅アパートに運び入れようとしていた。

家の前で麻薬注射していた二人連れに「どいてくれ」と声をかけると、いきなりナイフで彼の胸を刺した。

刺されたナイフを抜き取り、相手に切り付けた。

キングは搬送先の病院で死亡(享年37歳)。

一方、怪我を負った犯人も同じ病院へ治療に訪れ逮捕。

『イマジン』のアルバムに載っているジョン・レノンの作品が遺作となってしまった。



そして9年後にはジョン・レノンもやはり自宅前で暗殺され、奇しくも同じ運命を辿った。
posted by swing at 19:50| Comment(0) | R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする