2016年02月08日

日本語を勉強中! 【Che'Nelle】


シェネルの父は中国系マレーシア人、母はインドとオランダの二世で1983年マレーシアで生まれた。

10歳からオーストラリアに移住。

高校を卒業したころから、ミュージシャンを志すようになった。

2005年SNSのMySpaceに公開していたデモを見いだされ、キャピトル・レコーズと契約を交わした。

2007年に次の曲でCDデビューを果たす。



彼女の実家はカラオケ店を営んでおり、父の得意曲は谷村新司の「昴」。

そして父との会話の中で、日本の歌を歌ってはどうかという話が浮かび上がった。

2011年に彼女自身としては初のカバーアルバム『ラブ・ソングス』を日本でのみ発売。



日本料理の中では刺身やグリル料理、野菜料理、穴子、ラーメン、たこ焼きが好きとのことで、日本語で歌ってはいるが、日本語での日常会話となると通じる域まで達していない。



2015年ファンタジー・オン・アイスで、羽生結弦と共演。



4年間の交際を経て、アメリカ人のバックダンサーと2013年に結婚。

松下奈緒主演のTVドラマ『ディア・シスター』では、エンディング・ソングを彼女が歌っている。




公式サイト
http://www.chenelleworld.com/


posted by swing at 23:07| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

シェイクスピア・ジャズ 【Cleo Laine】


クレオ・レーンは1927年にジャマイカ人の父とイギリス人の母との間にロンドン郊外で生まれた。

彼女が歌手になることを母親は望んだ。

そして若い頃から歌とダンスの教室に通い、14歳で学校を中退。

その後、美容師の見習いや司書・質屋の店員などで働いていた。

18歳の時に結婚、だが間もなく離婚。



24歳の時、ジョニー・ダンクワースが率いるバンドのオーディションを受け、見事合格。

バンドで共演し、人気を博した。

1958年にジョニー・ダンクワースと結婚。

1963年の映画『召使』では夫が音楽を担当し、彼女の歌が流れた。



夫はサックス奏者だったが、将来ベーシストとなるアレックが1963年に誕生、そして3年後には母と同じくジャズシンガーとなるジャッキーを出産。

また舞台女優としても活躍の場を広めていった。

シェークスピアの戯曲の台詞をジャズにした『シェイクスピア・ジャズ』というアルバムリリースし話題となった。

1976年には初来日。

日本の歌曲もレパートリーとなっていった。

1979年にはエリザベス女王から大英帝国勲章を受けた。

ガーシュインのジャズ・オペラ『ポーギーとベス』をレイ・チャールズと共演。



グラミー賞ジャズ,クラシック両部門にノミネート。

2010年闘病生活を送っていた夫が死亡。



彼女は現在も現役で歌っており、日本でも公演を行っている。

最後に、ベトナム戦争を扱った映画『ディア・ハンター』のテーマ曲を是非お聴きください。








posted by swing at 21:47| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

ママに捧げる詩 【Neil Reid】


ニール・リードは1959年スコットランド出身。

幼い頃から歌が上手く、9歳の時年金受給者のためのクリスマス・パーティーで歌い評判となり、「ウィー・ニール・リード」としても広く知られるようになる。

1971年デッカと契約。

TV初出演。

TV番組「Opportunity Knocks」に出演し、爆発的人気を得るようになる。

1stシングル「ママに捧げる詩」が大ヒット。



1972年日本武道館で行われた「第3回世界歌謡祭」に英国代表として出演、「ボクの子犬」を歌った。

1974年変声期を迎えたのを期にプロ歌手を引退。



歌手を引退した彼は、現在ランカシャーにてファイナンシャル・アドバイザーを行っている。





posted by swing at 20:13| Comment(0) | ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

マイ・サラダで話題のシンガー 【Mye】


マイは福岡出身で1984年生まれのシンガーソングライター。

某ドレッシング・メーカーのCMで、歌の練習をする佐々木希のお姉さん役を務め話題となっている。

このCM曲『マイ・サラダ』のフル・バージョン『色とりどりのLOVE』を作曲したのも彼女。

3歳からクラシック・ピアノそして9歳からドラムを始めた。

14歳からはゴスペルクワイヤーのリードボーカルを務めた。



2008年に初めてのアルバムをリリースし、デビュー。

2010年には地元福岡限定のシングルをリリース、それが次にご紹介する曲。



2012年にはSOUL/R&B実力派シンガーソングライターとしてメジャーデビュー。

同年有名なクリスマスソングを収録したアルバムをリリース。



今後の彼女の活躍が期待される。



posted by swing at 19:47| Comment(0) | ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

愛ある限り 【The Captain & Tenille】


ダリル・ドラゴンは1942年カリフォルニアで生まれた。

父は指揮者兼作曲家。

一方、女性のトニ・テニールは1940年アラバマ州で生まれた。

彼女の父も歌手で共に音楽一家の中で育った。

そしてトニは1962年の最初の夫と結婚し、10年後に離婚。



一方、ダリルはアレンジャーやキーボード奏者としてビーチ・ボーイズと共に活動。

そしてビーチ・ボーイズ時代に被っていたキャプテン帽のために付けられたあだ名が“キャプテン”。

トニは環境問題を題材にした『マザー・アース』というミュージカルを書き上げ上演。

キーボード奏者としてダリルが演奏。

そして彼女に惹かれたダリルは彼女をビーチ・ボーイズに推奨し、ここに唯一無二の“ビーチ・ガール”が誕生。

1971年になると二人で“キャプテン&テニール”というコンビを結成。



A & Mと契約。

1975年彼らは結婚。



2009年夫がパーキンソン病に罹り自宅療養を余儀なくされた。

結婚生活から39年後の2014年、トニより離婚申請が提出され正式に離婚。

最後に1975年グラミー賞を受賞した最大のヒット曲『愛ある限り(love will keep us together)』をお聴き下さい。

作詞・作曲はニール・セダカ。


posted by swing at 21:43| Comment(0) | ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする