2012年04月23日

逮捕された”黒ネコ”の少女 【Vincenza Pastorelli】


日本でも一世風靡した『黒ネコのタンゴ』。

日本の歌だと思っていたが、実はオリジナル曲はイタリア。

「黒ネコが欲しいのに友達がくれたのは白ネコ。だから、もう遊んであげない。」とヴィンチェンツァ・パストレッリが歌っている。

当時4歳の彼女の歌をお聞き下さい。



その彼女がマッサージセンターを開設し、売春と麻薬容疑で逮捕された。

我が国では、叔母である皆川和子が主宰するひばり児童合唱団に日本語版リリースのオファーが来たことから皆川おさむが歌うことになった。

この歌は世界中で大ヒットしたが、歌詞はそれぞれ違っている。

posted by swing at 20:58| Comment(0) | 童謡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする