2017年01月11日

新たな恋 【Ciara】


シアラは1985年10月25日にテキサス州オースティンで生まれたが、兄弟はいない。
R&Bシンガーソングライターで、ダンサー、女優そして177cmという長身を活かしモデルもこなしている。
父親がアメリカ陸軍に属し勤務地の関係でドイツ、ニューヨーク、カリフォルニア州、アリゾナ州、ネバダ州で育った。



10代前半で歌手になる決意を固め、トレーニングを開始。
高校時代はチアリーダーもやっていた。
Hearsayのガールズグループに加わり、作詞・作曲にも取り組んでいたがすぐに独立。



高校を卒業した翌年、音楽プロデューサーに見出され、ラ・フェイス・レコードと契約、デビューアルバム『グッディーズ』をリリース。
難病と闘うこどもの夢を実現するための支援団体メイク・ア・ウィッシュに協力し、マライア・キャリーやビヨンセらと共に2008年にチャリティーソング『ジャスト・スタンド・アップ』を発表。
同年フリオ・イグレシアスの次男エンリケ・イグレシアスと『テイキン・バック・マイ・ラヴ』をリリース。



かねて婚約中だったラッパーのフューチャーとは2014年に婚約を解消。
アメフトのシアトル・シーホークスでクオーターバックを務めるラッセル・ウィルソン、彼は前妻と離婚し、2016年にイギリスのペックフォートン城で結婚。
二人の間に息子が誕生した。




公式サイト
www.onlyciara.com









posted by swing at 22:41| Comment(0) | R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

トロピカル・ディスコ 【Billy Ocean】


ビリー・オーシャンは、当時イギリス領だったトリニダード・トバゴで1950年に誕生。

8歳のときに家族とともに渡英、ロンドンでも貧困層の人たちが多く暮らすイーストエンドに移住。

彼の父もミュージシャンだったが、彼はビートルズやローリング・ストーンズなどの音楽に夢中になった。

服飾店で働きながらロンドンのクラブで歌っていた。

ようやく実力が認められ、十代の頃からロンドンで歌手活動を始める。

72年にシングルでデビュー。



歌手活動をするにあたって別名を名乗っていたが、1976年より地元のサッカーチーム『オーシャンズイレブン』から、現在のビリー・オーシャンと名乗る。

1984年、5枚目のアルバム「Suddenly」で突如大ブレイク。



マイケル・ダグラス主演の『ナイルの宝石』ではテーマ曲を歌い、好評を博した。



彼には妻との間に3人の子供たちがいる。

2002年には、ウェストミンスター大学は彼に音楽の名誉博士号を授与。



次の曲で、ビルボードの全米ディスコチャートで1位を獲得。





公式サイト
www.billyocean.com


posted by swing at 23:25| Comment(0) | R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

スタンド・バイ・ミー(私のそばにいて) 【Ben E. King】


ベン・E・キングは1938年ノースカロライナ州の生まれ。

彼が9歳のとき、ニューヨーク州のハーレムに移住した。

当初は教会の聖歌隊で歌っていた。

父の経営するレストランで歌うウエイターとして働いていたところ、スカウトされてファイブ・クラウンズに加入。



ところがファイブ・クラウンズはドリフターズに統合され、彼はリード・シンガーとして活躍し、数々のヒットを生む。

ゴスペル曲「Oh Lord, Stand By Me」を元に、当時ガールフレンドだったベティのことを思いながら書いた。



そして出来上がった曲が「Stand By Me」。

ところがマネージャーが、この曲を評価せずボツにした。

そのため、ソロ・シンガーとして独立。

彼の本名はベンジャミン・アール・ネルソンだったが、アール・ネルソンを名乗る別の歌手がいたため改名する必要があった。

そこで叔父の名前のキングを芸名に加え、ベン・E・キングと名乗った。



彼は1982年初来日以来、「日本は第二の故郷」と語るほどの親日家。

東日本大震災が発生した2011年秋に訪日、復興を願って「上を向いて歩こう」を日本語でカバー。



そしてベティに捧げた「Stand By Me」を1961年に発表。

1964年にベティと結婚、2人の娘と1人の息子をもうけた。

1986年には、スティーブン・キングの短編小説を原作にした映画『スタンド・バイ・ミー』の主題歌としてリバイバルヒット。

2015年4月30日愛する妻を残し、76歳にて永眠。



posted by swing at 21:33| Comment(0) | R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする