2014年07月06日

アナと雪の女王/ロシア語バージョン 【Anna Buturlina】


アンナ・ブトゥリナは、ロシアで最も人気あるジャズ歌手の一人。

彼女を紹介する記事は少ないが殆どアンナ・バタリナと表記、しかし読み方を重視するならアンナ・ブトゥリナ。

彼女は1977年にモスクワで生まれた。



祖母の勧めで音楽学校で最初はピアノを学び、音楽の道に進んだ。

そのうち、ジャズの魅力に取りつかれるようになった。



子供のころは、ピアニストや古生物学者になることを夢見ていた。

やがて、ダンサーになりたいと思っていた。

1996年の学校を卒業した年、アンナ・フェスティバル「モスクワの秋」で舞台デビュー。



1997年にコンサートやツアー活動を開始。

コンクールで数々の賞を獲得。

最初のCD「ブラック・コーヒー」を2002年にリリース。



2009年のディズニー映画『プリンセスと魔法のキス』ではヒロインのティアナ役。

2013年アンデルセンの童話『雪の女王』をアニメ化したディズニー映画『アナと雪の女王』が記録的なヒットを続けているが、ロシア語バージョンは彼女が担当してる。




公式サイト
http://www.buturlina.ru/
posted by swing at 17:56| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。