2013年08月04日

私の生き方 【Francoise Hardy】


フランソワーズ・アルディは1944年空襲警報時に生まれた。

未婚の母のもとで育てられ16歳の誕生日に母からギターをプレゼントされた。

若い歌手を探している新聞広告を見て、18歳のとき次の「男の子と女の子」という曲でデビューし大ヒット。



1963年ユーロビジョン・ソング・コンテストにモナコ代表として参加。

彼女はフランス語、英語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語の5ヶ国語が話せる才女。



フランソワーズ・サガンの小説を映画化した「スエーデンの城」に出演。



同じシンガーソングライターのジャック・デュトロンと愛し合い、一人息子のトマを出産。

母と同じく一人で育てる決意をした。



のちに彼女の代表作となる曲を作ったセルジュ・ゲンズブール及びその妻ジェーン・バーキンと親しい関係。

エルメス社のバッグの名前にもなったバーキンと共演。



荒井由実が『私のフランソワーズ』という作品名で彼女のことを歌った。

1981年になって、やっとトマの父親と結婚。

自分の生き方を歌詞に綴って曲を作った。

1988年に引退宣言を行い、占星術師に転進。

2年後にカムバック。

最後の作品はクロード・フランソワの曲。




公式サイト
http://www.francoise-hardy.com/






posted by swing at 22:55| Comment(0) | シャンソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。