2014年08月30日

暴漢に襲われた名サックス奏者 【King Curtis】


キング・カーティスは1934年テキサス州生まれ。

12歳でサックスを始め、その後ギターを習得した。

高校を卒業後、ライオネル・ハンプトンのバンドに加わり、ニューヨークへ移り住んだ。

1958年には、ザ・コースターズが1位を獲得した次の曲にテナーサックス奏者として参加。



1959年ソロ活動を開始し、次の曲でR&Bチャート1位を記録。



1965年アトランティック・レコードと専属契約。



テナー・サキソフォンの他、アルトやソプラノも演奏し、また歌うこともあった。



ジョン・レノンが『イマジン』のアルバムを制作するにあたって、彼に参加してもらったが彼をイギリスへ呼び寄せられなかった。

そこで彼のレコーディングしたテープを送ってもらった。



1971年8月購入したエアコンを担いで自宅アパートに運び入れようとしていた。

家の前で麻薬注射していた二人連れに「どいてくれ」と声をかけると、いきなりナイフで彼の胸を刺した。

刺されたナイフを抜き取り、相手に切り付けた。

キングは搬送先の病院で死亡(享年37歳)。

一方、怪我を負った犯人も同じ病院へ治療に訪れ逮捕。

『イマジン』のアルバムに載っているジョン・レノンの作品が遺作となってしまった。



そして9年後にはジョン・レノンもやはり自宅前で暗殺され、奇しくも同じ運命を辿った。
posted by swing at 19:50| Comment(0) | R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

親日家のイベット・ジロー死去 【Yvette Giraud】


イベット・ジローは1916年パリで生まれ、モンパルナスで育った。

秘書として働いていた頃、友人のオペラ歌手から彼女の素敵な声を活かすため歌のレッスンを受けるように勧められた。

1944年モンパルナスのキャバレーで歌い始めた。

翌年、英国軍専属の歌手として雇われ、1946年次の曲でデビューし、たちまちヒット。



1952年に彼女をサポートしてきたピアニストのマルク・エランと結婚し、一緒に世界ツアーを開始した。

1955年日本を訪れて以来、すっかり日本が気に入り日本で多く活動するようになった。



NHKで数多くのドラマ出演していた小林千登勢が、1964年民放ドラマに初出演『芦屋川』で主題歌を歌っていたのがイベット・ジローだが残念ながら音源は残っていない。



1970年には主婦の友社より、「イベット・ジローの家庭料理」を出版し、フランス料理を紹介。

日仏文化交流の礎となり、日本におけるシャンソン・ブームにも貢献した。

日本の“布団”が気に入り、愛用するようになった。



1995年1月17日阪神淡路大震災が発生したが、数日前に神戸公演を終えており難を逃れた。

同年日本に於ける彼女の功績を称え、今上天王より手づから宝冠藤花章が下賜された。



日本経済新聞社から『幕が下りる前に… : 私の歌、私の日本』を発刊。

1999年最後の日本公演が行われた。

そして同年夫と共に歌の世界から引退した。



隠居後はストラスブールで暮らしていたが、2014/8/3老衰のため自宅で死亡、夫に看取られた。


posted by swing at 21:12| Comment(0) | シャンソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

人知れず夭逝したジャズ歌手 【安田南】


安田南は1943年札幌で生まれた。

中学の時、東京の学校に編入し、一人で演劇部を立ち上げた。

高校を卒業後、TV番組のジャズボーカル部門で優勝、景品の世界一周旅行を勝ち取った。

第3回全日本フォークジャンボリーに出演。

日野 皓正クィンテットの後を受け、メイン・ステージに立ったが心ない暴徒に占拠されトマトを投げつけられ中止。



問題を起こしたのはベ平連系の若者を中心とした集団と思われるが、サブ・ステージで歌っていた吉田拓郎が観客を煽りサブからメイン・ステージに雪崩れ込む観客もいて、この舞台を最後にジャンボリーは開催されなくなった。



彼女は缶入りピースを100本吸うチェーン・スモーカー。

作詞・作曲の『プカプカ』は彼女がモデル。

彼は妻の三回忌前日に首吊り自殺。

この作品に彼女のアルバム『Some Feeling』のジャケットが使われているが、撮影者は当時恋人だった中平 卓馬。



歌手活動以外に俳優座出身の彼女は自由劇場・黒テントを中心とした舞台に出演。

1971・1972年といえば連合赤軍の活動が盛んな時代。

映画『天使の恍惚』で、クラブ歌手であり過激な革命戦士という役柄が決まりクランクインしたが3日目に遁走。

横山リエが代役を務めたが、若松孝二監督を怒らせてしまった。

主演桃井かおり・原田芳雄の映画『赤い鳥逃げた?』では、本人出演はないが歌を担当。



原田芳雄は俳優座時代1期先輩で、彼が歌う『プカプカ』は非常に味わい深い。

エッセイの執筆をしたり、ラジオのDJもやっていたが、1990年代に引退。

死因や死亡時期は不明だが、2009年に亡くなられているとのこと。


posted by swing at 19:02| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする