2013年09月30日

峰不二子のモデルとなった女性 【Marianne Faithfull】


マリアンヌ・フェイスフルは1946年ロンドンで生まれた。

父はイギリスの大学教授、母の先祖はオーストリアのハプスブルグ家やレオポルト・フォン・ザッヘル=マゾッホの名門貴族出身。

しかし、母と祖母はウィーンに住んでいた頃、第2次世界大戦終了後乗り込んできたソ連兵によってレイプ。

彼女が幼い頃、両親が離婚、マリアンヌは修道院で育てられた。

1964年に音楽喫茶で歌のキャリアを始めた。

17歳の時にアーティストのジョン・ダンバーと結婚。



夫に付き添われパーティーに出席。

そこには夫の知り合いのローリング・ストーンズのマネージャーがいたが、彼女をスターにすると請け負った。

ローリング・ストーンズのキース・リチャーズとミック・ジャガーの作品「涙あふれて」で、1964年デビュー。



夫との間には息子も出来たが、ミック・ジャガーと不倫関係となった。

1968年『あの胸にもういちど』で映画デビュー。

アラン・ドロンと不倫関係に陥る相手役に抜擢された。

この作品をヒントに、『ルパン三世』の峰不二子が誕生した。

この映画でバイクを乗り回すシーンがあるが、顔出しの時は彼女は座るだけで風景のローリング・ペーパーが回っており、それ以外ではブロンドのウィッグとヘルメットを被った男性のスタントマンが代役を務めた。

それが次のシーン。



ミックと付き合い始めドラッグに溺れ、彼の子を流産し、ミックにより男性不信に陥り自殺未遂。

自殺未遂した時期は、ローリングストーンズの元リーダーのブライアン・ジョーンズが自宅プールの底に沈められたあとくらい。

1970年夫と離婚し、ミックとも別れ、全裸で倒れているところを新聞に掲載されスキャンダルとなった。

一時はホームレス状態のところまで追い詰められたが復活。

とはいえ、ドラッグとアルコールとタバコと荒んだ生活によるしゃがれ声で、とても聞くに堪えないので、健在な頃の歌をお聴き下さい。




公式サイト
http://www.mariannefaithfull.org.uk/





posted by swing at 22:17| Comment(0) | ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

元はジャズマン 【フランク永井】


1932年宮城県出身。

幼い時に父が亡くなったが、母が映画館経営をしていたので生活には困らなかった。

中学を卒業すると、東京芝浦の米軍の駐車場施設ですでに働いていた兄を頼って上京。



進駐軍のトレーラーの運転手になったが、交通事故で怪我を負ったため退職。

療養中に丹下キヨ子が司会する文化放送『素人ジャズのど自慢』を聴いた。

当時ジャズ・シンガーの登竜門だった番組に出演しようと決意。



「マイ・ベイビーズ・カミング・ホーム」を歌い、見事に鐘を三つ鳴らした。

1955年にビクターと契約。

しかし、得意のジャズではヒットに恵まれなかった。

そこで、米軍朝霞キャンプの下士官クラブの専属歌手に雇われたりもした。

作曲家の吉田正との出会いによって歌謡曲へ転向。

「フランク永井は低音の魅力、牧伸二は低能の魅力」とネタにされるほど、彼の美声は多くの人を魅了した。

それからは数々のヒットを飛ばし、1959年にはシズ子と結婚、順風満帆かに思えた。



1985年突如、愛人との間の子供の認知と養育費の請求を要求され、これを苦に首吊り自殺を図った。

夫人の発見が早く一命を取り留めたが、脳に障害が残り歩行も困難な状態となってしまった。

その後、DNA鑑定の結果、子供はフランク永井の子ではなかった。



永年連れ添った夫人だったが、夫の介護に疲れ、親族との財産をめぐるゴタゴタから彼女も自殺未遂を起こす。(1991年)

夫人は彼の世話を焼くことが出来なくなり、翌年離婚。

自宅を引き払い、姉と共に老人ホームに入居。

2008年肺炎のため76歳で死去。









posted by swing at 17:48| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

「Fly Me To The Moon」を初めて歌った歌手 【Felicia Sanders】


フェリシア・サンダースは、1922年ニューヨーク州生まれ。

1940年代前半からカリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に複数ビックバンドの専属シンガーとして活動、その後結婚により引退。

離婚したことで1950年にポップシンガーとして活動を再開。

1952年の映画『ムーラン・ルージュの歌』でパーシー・フェイス・オーケストラと共演。

全米1位の大ヒットにつながった。



「Fly Me to the Moon」は、1954年に作曲家バート・ハワードによって作られたが、原曲では歌詞に登場する「In Other Words」というタイトルが付けられている。

初演はニューヨークのキャバレー "Blue Angel"で彼女が最初にこの歌を歌った。

しかし録音されたものは存在しない。

同じ1954年、この曲を始めて録音したのがケイ・バラード。

原曲を歌っているので、代わりにこちらをお聴き下さい。



現在はアレンジした曲が歌われているが、歌手により「Fly Me to the Moon (In Other Words)」と原曲のタイトルを取り込んでおられる方もいる。

次の曲は映画音楽の巨匠ヴィクター・ヤングが、リチャード・ブーンが主役を演じたテレビシリーズ『メディック』の主題曲。



1975年52歳でガンにより死亡。

最後の作品もヴィクター・ヤングの曲。








posted by swing at 17:26| Comment(0) | ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする